ハメチア部 補欠の俺には搾精という名のドスケベサポートが欠かせない! レビュー・感想

6月 4, 2021

作品内容

今回レビューさせて頂くのはサークルにゃっくほーるさんの「ハメチア部 補欠の俺には搾精という名のドスケベサポートが欠かせない!」です。にゃっくほーるさんの作品はムチムチ巨乳なドスケベギャルが多い印象ですが、今作もその良さをバッチリと出してくれています。


▲作品詳細はこちらから

ストーリー

野球部に所属している主人公。彼の学校の野球部は弱小であるためか、彼以外の部員はまともに練習もしないどころか部室にも来ない人間がほとんどであった。彼自身も毎日練習に励んではいるもののイマイチ実力が伴っていない。そんな彼を応援しようと幼馴染の詩穂ちゃんはチアガール部を結成!

しかし、幼馴染の詩穂は少し抜けている所があり、どうやったら彼を応援できるか考えた結果、「思春期の男の子の応援ならセックスが一番!」とセックスで彼を応援する事にしたのだった。彼女にチアガールとして誘われた他の3人はこれに困惑するものの、彼の巨根チ○ポに犯されて気持ち良さそうに喘ぐ詩穂の姿を見せつけられて興味を持った3人もセックスで彼を応援する事にしたのだった…。
ハメチア2

ハメチア3

登場人物

ハメチア6

主人公
弱小野球部に所属する男子生徒。野球の才能は並であるが、巨根チ○ポに絶倫とセックスの才能は人一倍。

詩穂
主人公の幼馴染。彼に好意を持っている者の素直になれないツンデレ娘。Hカップのキツキツおマ○コで膣内を擦られるとすぐにイってしまう。少し世間とズレている部分があり、主人公をセックスで応援するチアガール部を女友達と立ち上げる。

千秋
たくさんの男とセックス経験済のヤリマン金髪ギャル。Iカップで、セックスが大好きな淫乱であるが、今までに味わったことが無い
主人公とのセックスにハマっていく。

サーシャ
甘えたくなる母性を持った白人のハーフ娘。ハーフのためJカップの爆乳を持っており、エッチな事が大好きなムッツリスケベだったが、主人公とのエッチでは激しく乱れてしまう。胸が性感帯。


運動部に所属しており褐色肌のGカップ娘。運動部所属という事もあり、体力は豊富でセックスもスポーツのように楽しむ。デカチンで汗だくになるほど激しいセックスで犯されるのが好み。

オススメポイント

ハメチア5

ハメチア7

ムチムチ巨乳な女子校生4人とハーレムエッチする内容で、大事な部分がギリギリ隠れるエロ衣裳のチアガール娘との複数プレイが良いですね。4人の穴を代わるがわる犯して精液で膣内も全身も精液まみれになってしまいます。こんなエロい体の女子校生達とハーレムセックスする毎日を送りたい人生だった…。