リンと触手 ~絶え間ないHによがり狂う女の子~ レビュー・感想

9月 11, 2022

リンと触手 ~絶え間ないHによがり狂う女の子~ 広告

作品内容

今回レビューさせていただくのはサークルさわくりーむさんの
「リンと触手 ~絶え間ないHによがり狂う女の子~」です。
さわくりーむさんの作品は、少女が触手に全身を犯されて絶頂する内容が多いですが、
今作も触手メインで無垢な女子校生が触手に穢される内容となっています。 

登場人物

リンと触手2

姉崎リン

優しい性格の女子校生。性に関しての知識は乏しく今までイッた事もないばかりかオナニーもしたことが無い。
ベランダに倒れていた触手を助けた結果、触手の苗床にされてしまう。
触手
人の言葉を話す未知の生物。口調はどこか気持ち悪く、触手で感じている女の子を言葉責めしながら
媚薬効果のある体液で快楽の虜にする。

ストーリー

リンと触手3

ある日、女子校生のリンちゃんは家のベランダで見た事もない触手みたいな生き物が苦しんでいるのを発見する。
優しい性格のリンちゃんは触手を助けてあげる事に。人の言葉を話す奇妙な生物を少し不気味に思い、
近所で触手のような生き物がエッチな事をしているという悪いうわさがある事を知って、
触手を家から追い出そうとするものの、触手は彼女の身体に纏わりついてくるのだった。

リンと触手4
今までエッチな事に対して無知であった彼女はヌルヌルの触手に胸や乳首・クリトリス等女の子の弱点である
敏感な部分を執拗に愛撫されて未知の快感に戸惑いながら、初めての絶頂を迎えるのだった。
更に、この触手から吐き出される液体は人間のメスが発情する成分が含まれており、
身体の疼きが止まらない状態のリンちゃんを尻目に極太の触手チ○ポで処女マ○コを貫くのだった。
リンと触手5
子宮口まであっさりと到達してあまりの快感に喘ぎ声を出して絶頂することしかできないリンちゃんは
変態な触手の趣味に合わせて学校の制服姿やスクール水着姿で全身を犯しつくされて快楽に溺れさせるのだった。

そして遂に完全に抵抗する力を失ってしまった彼女は、触手に丸呑みされて一切の逃げ場なく犯されてしまう…というストーリーです。

リンと触手6
 

オススメポイント

リンと触手7

ヒロインのリンちゃんの部屋着がちょっと幼めな印象で、性知識が薄い彼女に合っていてよかったです。
触手の質感は勿論、膨らみかけの少女の乳首を責める描写には力が入っています。 

初めは気持ち悪い触手に対して拒絶や嫌悪感を示していた彼女が媚薬の影響でどんどん絶頂するペースも深さも
上がっていくのがエッチですね。触手モノや快楽責めが好きな方にはおすすめの作品です。

Uncategorized

Posted by doureview